なついろ

気の向くままに

助けられた今日

f:id:natu044:20190916025606j:plain

実は今日ほんとに死にそうだった

死にたくて死にたくてしょうがなかった
言い過ぎだとか、考えすぎだとか…そう思われてもしょうがない
でも、本当にそう思ってた

しんどくて、誰かに助けてもらいたかった

でも、「助けて」なんて言えなくて
ただいつも通りを装ってバイトに行った

(※原因は前の記事に書きました)


いつも通りにバイト先に行って、(死にてぇな)って思いながら更衣室が空くのを待って、先輩に挨拶してバイト着に着替えた

いつもと違っていたのは、その後だった

特に仲良くもなくて、むしろまったく普段は世間話をしない、その先輩に話しかけてもらった

私に話しかけてくれた事もすっごく嬉しかったし、ただ単にその話も楽しくて、笑って聞いてたら気持ちがふっと軽くなった

バイトを、少しは前向きな気持ちで始められてよかった


そのあとは……まぁまだ完全にいつもの自分を取り戻せた訳じゃないから
(今やっと、これの前の記事で原因が分かっていつもの自分になれた所)

ちょっとふとした事でバイト中に暗い気持ちになってしまって、とても泣きそうになりながら働いてた
まだ、情緒不安定だったから。

私だけバイトが早上がりで、退勤の15分前くらいから別の先輩とふわふわと話し始めた

簡単に言うと、
その先輩とも話せてすごく嬉しかったし、
知らなかったその人のことを知れて嬉しくて楽しかった

それでね、だいぶ救われた

なんだろう、なんでもないことを話してたんだけど
私にとっては、とっても必要な時間だったんだなと思った

本当にありがとうございます

できればまた、なんでもないような世間話をまたしたい

読んでくださりありがとうございます
それではまた