なついろダイアリー

昔の出来事や思ったことを 気の向くままに

自立なんて私にはできなかった

昔を振り返ってみる

高3の私は、どうしても自立したくて仕方なかった

親もとを離れて、一人暮らしをしてみたかった

一人で寝起きして、大学行って、バイト行って、スーパー行って、料理して…自分なりにお金をやり繰りして生活することが、何だかすごく楽しいことのように思えていた

夢が叶い、一人暮らしを始めた私はたった1年で実家に戻った

徒歩5分で大学とバイト先に着く生活から、片道2時間かけて通学するようになった

後悔はしていない

今まで私は、寂しかったから一人暮らしを辞めたんだ。私には一人暮らしは早かったと、そこで考えるのをやめていた

この機会に、あの時何か出来たんじゃないかと考えてみる

確かに一人は寂しかった
家に帰ってきたら一人ぼっちだったし、美味しいご飯が出来ても一人で食べていた
事ある毎に母に電話をかけて寂しいと吐露していた

覚悟と想定をしていなかったのだと思う

一人で生きる覚悟と言ったら言い過ぎかもしれないが、一人で24時間過ごすということを具体的に考えていなかった。寂しくて、いてもたってもいられなくなった時に、どう気持ちをプラスに持っていくのかサッパリ考えようとしなかった

寂しい自分をそのまんまにして、実のところ寂しい自分を受け入れていなかった 一人がしんどいならやめればいい

そこで考えるのをやめてた


今まで私は
自立っていうのは、ある程度一人で生きられる力をつけること
だと思っていた
この記事を書き始めた時までそう思っていたから、最後は、一人暮らしをして自分で生計を立てて暮らすことが私の自立だとまとめようと思っていた

でも、違うな…と私のたった1年で終わった一人暮らしを振り返って気づいた

自立っていうのは、自分の問題点に気づいて改善させたり、良いところを向上させたり、人との接し方や振る舞いを自分なりによりよくしていこうとしていく心持ちというか姿勢というか…、自分に出来ることを諦めないで、やることなんじゃないかと

一人暮らしのあの時の私には、あの暮らしの中で自分ができた努力を諦めていた
料理だっておろそかにしていたし、掃除だってテキトーで、人を呼べるような家の状態ではなかった
母に電話したり、たまに一人暮らしの家に呼んでもいい。でも、その時に部屋は綺麗にしとこうよ。手料理でもてなそうよ。何も努力出来ていなかった。叱りつけない親に甘えていたし、もっと楽な状態に戻れるなら戻りたいとずっと思っていた

今はどうなのだろう
実家に戻った時点で自立なんて出来ない…と私は思っていたけど違うじゃないか
料理だってすればいい
ごみ捨てだってやればいい
もっともっと人のためにやれることもあるし、時間だってたっぷりあるし、なんだってできる

「実家暮らしなんで…」
って、縮こまってる場合じゃないよ
「実家暮しです。家事全般やってます。やりたいこともやって好きに生きてます!」ぐらいのこと言ってやろうぜ、心の中で思ってやろうぜ

#わたしの自立

バナー
Sponsored by CHINTAI

リゾバを終えて

f:id:natu044:20180924230357j:plain

大好きな長野に行ってきた。と言っても、まだ長野にいて、明日の早朝に地元へ帰る予定

行く前は、
どうしてもどうしても長野に住みたくてしょうがなくて、山が好きで、平地ばっかりの関東よりすごくすごく魅力的に思えてた

実際、長野(軽井沢)に来て、
やっぱり長野は素晴らしいなと思った
時間の流れが関東と違うし、山は見えるし、いつも天候が違う。霧がかかったり、通り雨が降ったり…
そのどれもが、私が思い描いていた通りで、またそれがとても素晴らしかった

リゾートバイト先は、ホテルで、
私がフロントなんて出来るかいな と思っていたけれどまぁまぁそれなりにそれなりに…やれるだけのことはやっている

まぁ、1ヶ月なんて短すぎて
いまだに地に足がつかない心地である

女子大に通ってコンビニでバイトしてるだけじゃ出会えなかった人達と出会えた

皆さん大好き
人に対してあまりあっけらかんと接さない私でも、徐々に徐々に周りの人とコミュニケーションを取れるようになってきた
話したい人はたくさんいる、知りたいこともたくさんある。でももう1ヶ月

ありがとうございました


就職先は今回リゾバしたホテルのチェーン店にしようかな
そしたらまた巡り巡って、今回出会えた人たちと再会するかもしれない。しないかもしれない
どっちだっていいや

こんな素敵な人たちがいるって知ることが出来て幸せなんだ


ちょっと浮かれすぎた文章…
夜のテンションであがってて、しかも最後の勤務が終わったばかりだからかな

ここまで読んで下さりありがとうございます

ダイエットの途中経過は、また後日記事にします

それではまた

ダイエットを始めた(開始1週間)

f:id:natu044:20180824013431p:plain

ダイエットを始めた

理由としては、
・もともと痩せたいとずっと思っていたから
・ここ1、2ヶ月で5kg体重が増えたから
・好きな人に振られたから
・次の恋は積極的にいきたいから

こんな感じ

毎朝の体重の記録はだいたい1ヶ月前からやってて、
体重記録してるだけでなんか無意識に痩せていかないかなぁ~と甘いこと考えていても何も変わらなかったので…

ここ1週間ちょいは、簡単な体幹トレーニング造顔マッサージ時々の30分のランニングを続けてる

30分のランニングの翌日は明らかに体が軽くなるし、疲れにくくなった気もする

だけど、足が筋肉痛…

写真にもあるように、目標は50kgをきること

痩せたーい!

今、携帯の待ち受けをNICO Touches the Wallsの光村龍哉さんにしてるんだけど
とてもかっこいい

私21歳になったんだし、もっと自分を磨きたい
堂々と生きていたい

自分のすることに責任を持ちたい

久々に、会いたいなと思った

さっきまでインスタで一般の方の手書き漫画を読んでた

過去の恋愛やら創作物やら、今の旦那さんとの出会いの話とか…

気になった話は、
旦那さんが8歳年上で、出会った時は自分に気があるのかどうかモヤモヤしていたけど
結婚した今じゃラブラブで、互いに思いやりを持って接してて、日々の嬉しかった事とかいつか思い出したい事をインスタに手書き漫画として投稿してる人の話

幸せそうだなぁ~と、私もそんな人と出会いたい。思いやりを持って接したい

日々の幸せを噛みしめて生きたい

まぁ、その漫画が旦那さんが年上ということで、出会ったばかりの時は「おれはおっさんだしな…」となかなかアプローチをしない感じの話も載っていました

それがなんだか、もう半年も前のあの人を思い出す

自動車学校での私の担当教官で、私には全然そんな素振りを見せなかったくせに
私の友達には「俺とあの子、どうかな?年結構離れてるからな~…」とか、私の事すごく話してたらしいじゃん

言っておきますけど、私年上が好きなんです
それも、10歳くらい離れてるくらいが好きなんです
知らなかったでしょう

もっと2人で話したかったなとか、、なんかもう一度会いたいなとか、
今日インスタみて久しぶりに思った

ブログをTwitterのように使ってみた

どうも、
Twitterで思いつくままにツイート出来なくなった私です

※ちなみに、アカウントは趣味の物のみ。リア垢はもってない

Twitterでは、会ったこともある知り合いがいたり、同年代の異性とフォローし合ってる為(リプを送ったりはしていない)

気軽に
彼氏ほし~!!!イチャイチャしたいんじゃ~!!
と呟けなくなっています

でもだからと言って、また新しくアカウントを作るのもめんどくさいし、誰もフォローしていないアカウントで何かを呟くのもなんだかつまらない…

だからさぁ、ここで言います


願いが叶うならNICO Touches The Wallsのボーカル、光村龍哉さんと結婚したい

でも、隣に並んで生きるには、見た目も中身もまだまだこれからだから

自分をもっともっと自信が持てる状態にもっていきたい

今、身長156cmで体重57kgもあるの、分かりやすくポチャってるし

大学入ってから何かに情熱を捧げたり、夢を追ったりしてないし

だめだなこのままじゃ

とりあえず今の目標は
体重を40kg台にすること(もちろん筋肉つける)

これからのビジョンは、
山が好きだから長野住みたい…と思っていたけど

なんかもっと何か自分のしたいことがあるはずなんだ

どうしてもやりたいことを見つけたい

…なんか熱くなっていたけど

ほんと、光村さん、かっこいい
性格どんな感じなんだろ

好きな人にはとことん優しくなるってYouTubeで話してるの観たけど、実際どんな?…私を好きになってもらいたーい!!!

もう大学3年生だから、このあとの一年ちょい、なんか気づいたら終わってたな…とはしたくない

とことん自分を見つめよう

大好きな生き方をしよう

みっちゃん大好き!

つまり、振られたってことですけど

今日振られました

相手に彼女がいました

初歩中の初歩見逃していました

まぁ、次行こうと気持ちを切り替えて、あんまり落ち込まないようにしますが

やっぱり悲しいです

LINE教えてくれて、どこか行きましょうと言ったらダメでした
LINE教えてくれた時点で弄ばれてる気がするけど、正直に言ってくれてよかった


全然恋愛してない私は今回、もうほんと久しぶりに心臓がやきもきしました

2年ぶりです

あの時もなんだかんだ上手くいかなかったようないったような、そんな感じでしたが

今回もでした

なんで、人の気持ちがすごくすごく絡んでくると複雑になるんでしょう

こんな夜中に振られて、すぐに寝られないのでブログにきました

それではまた

格の違いを見せつけられた

f:id:natu044:20180729135313j:plain

今日、久しぶりに中学時代の友人を見かけた

具体的には、彼女は私の母に挨拶をしたけれど母の隣にいた私はぼろぼろの格好が恥ずかしくて下を向いていた

彼女は3ヶ月ぐらい前に見た時の明るい茶髪から、落ち着いた黒髪になっていて、服装も落ち着いていた。それでも地味にならず、可愛らしく綺麗にまとまっていた

たかが、地元の自由交流センターである

彼女も私と同じく、試験が近くて勉強しに来たのかもしれない

私はろくに梳かしてないベタベタの髪と、寝巻きのままの短パンとTシャツ。顔だってすっぴんで、眼鏡のまま

だって、人と会うなんて思ってなかった
交流センターにきたけれど、駐車場の車の中にいるつもりだった(父が突発的に怒り始めて、とても家にいられなかったから)

だから、彼女とは駐車場で会ってしまった

にこやかに私の母に挨拶をすると、さっと軽やかにセンターに入っていった

私はとても、いてもたってもいられなくなって、母に「違う場所に行こう」とお願いした

そう言えば彼女は以前、年上の男性と2回目のデートをするとウキウキと話していた
もうデートはしたんだろうな

もしかしたら、もう他の良い人を見つけているのかもしれない

とても輝いて見えた

私なんてろくに恋愛していない

普段はそれなりに身だしなみを整えて大学に通っているつもりだけど、出会いなんて何もないし

積極的じゃないし、デートをしたのだってもう2年以上前

とにかく、彼女が輝いて見えた

私が持っていないものは全て持っているように見えた

すっきりと整った体も、努力する姿勢も、一緒に出かけたりバカできる友人も、人に見られても恥ずかしくない綺麗な一軒家も、オシャレさも、愛嬌も、にこやかな挨拶も、

昨日久しぶりに友人たちに会って、ろくに話せなかった私はなんだかもうとても、死にたい生きたい頑張りたい

何が何だかもうわからない

体中がもうベトベトで、気分が悪い

お風呂に入ったら私は何か変われるだろうか